MRの今後 製薬会社ランキング

全世界の医薬品売上ランキングを2000年と2019年で比較してみる話

投稿日:

みなさん、こんにちは。

現役オンコロジーMRのゆってぃーよ。

このブログを読んでいる人の中で今から20年前2000年にMRをしていた人はいらっしゃいますか?

2000年は私はまだ学生でMRなんていう職業すら知りませんでした。

今日はこの2000年と直近の2019年で世界で最も売れていた医薬品を比べていこうと思います。




2000年代は生活習慣病治療薬全盛期時代

(ユート・ブレーン ニュースリリースより)

2000円当時の為替平均(1ドル=108円前後)

世界で1番売れていたのはPPIのオメプラゾール。

TOP20の中で多かったものは

高脂血症3製品

抗うつ剤3製品

降圧剤2製品

PPI2製品

腎性貧血治療剤2製品

抗炎症剤2製品

後は抗生剤や抗アレ剤、糖尿病薬など。

生活習慣病全盛期は2000年代と言われている。

なので2000年はまだ生活習慣病時代の中では序章に過ぎない。

ARB1剤も入っていないし、スタチンも少ないし、糖尿病治療剤のDPP4などもない。

2000年以降にこれらの薬剤が次々、頭角を表してきて競争が激化していく。

ちなみに2000年はTOP20に抗癌剤は1剤も入っていない。

2019年代は生活習慣病から専門領域への変革過程時代

(Answers Newsより)

2019年に世界で1番売れた薬剤は自己免疫疾患治療剤のヒュミラ。

TOP 20位で多かったのが

抗がん剤8製品

糖尿病5製品

自己免疫疾患4製品

抗凝固剤が2製品

呼吸器1製品

抗癌剤と自己免疫疾患で全体の60%を占めているので専門性の高い薬剤がラインナップされているのが分かる。

しかし糖尿病や抗凝固剤も根強く売れている。

ここからも分かるように、専門性の高い薬剤が多くなっているが現在は生活習慣病全盛期からの過渡期で専門薬剤と混在している状態。

なので2020年現在でもMR人口比率を考えればまたまだ生活習慣病MRが多い。

しかし着実に変化していっている現実を受け入れる必要もある。

2030年の医薬品売上ランキングはどのような領域の薬剤がランクインしているでしょうね。




医薬品の時代は確実に変化していっている事を察知する。

現在、各製薬会社はどのような疾患領域に研究開発のリソースを掛けているか。

2000年代は生活習慣病薬が売上ランキングの上位を占めていた。

この生活習慣病薬の売り上げを高めるためには大量のMRが必要だった。

このバブル期のおかげで私の様な超低スペックな人間でもMRになれたのだから感謝している。

しかし時代は変わった。

今度は生活習慣病薬はMRの力を必要とせずにフォーミュラリーに飲まれていく。

フォーミュラリーが浸透したらMRが激減する。まずは生活習慣病MRから絶滅ね。

そして今後はより一層、専門性の高い医薬品を扱うMRが必要になる。

専門病院の専門医に対して、専門性の高い医薬品を情報提供するMR

どうでしょうか?

CTD、RMP、全例調査、これらの言葉を聞いていまいち意味が分からない人いませんか?

新薬の経験があっても開業医に配置する事を採用活動だと思っている人いませんよね?

2000年から2020年の20年間に起きた変化よりも2020年から2030年の10年間に起きる変化の方が大きいと思う。

現役MRの皆さんは変化に対応しておりますでしょうか?

そして変化に対応出来そうでしょうか?

稀に変化に取り残されて弾き出されたMRや窓際に追い込まれたMRが「MR不要」と騒ぎ立てるが、言葉が足りない。

MRが不要なのでなく、変化に対応出来ない(対応しない)MRが不要なのだ。

新型コロナ長期化関係なくMR削減は加速する。ちなみに「MR不要論」は言葉が足りない話




全世界の医薬品売上ランキングを2000年と2019年で比較してみる話のまとめ

2000年に世界の売上TOP 20製品の中に抗がん剤は1剤も入っていない。

2019年に世界の売上TOP 20製品の中には抗癌剤、免疫は12製品(60%)

この20年に大きな変化が起こっている。

この変化のスピードは2000年から2020年までの20年間よりも2020年から2030年の10年間の方が更に加速する。

ここまで現状が変化して、未来に起こる事が明確になっているのに対策を打たない策はないでしょう。

仮の話だけど、来年大きな地震が起こる事が分かっているとする。

この状況で地震が起こってから考えても遅い。

今の段階から耐震をしたり、地震が少ないエリアに引っ越しをして回避するでしょう。

MRの世界も同じですよ。
DODAエージェントサービスで転職転職サイトDODAで求人探し

転職エージェントのパソナキャリアパソナキャリア

選ばれた人だけの会員制転職サイト BIZREACHBIZREACH

外資系企業への転職はJAC RecruitmentJAC Recruitment

【アクシスコンサルティング】


-MRの今後, 製薬会社ランキング

執筆者:


  1. いってぃー より:

    2000年頃MRでしたが、いつも楽しく拝見してます。今は本社組です。時の流れを感じますね。

    • mrnoblog14 より:

      いってぃーさん

      コメントありがとうございます。
      懐かしいですよね。
      まだARBではなくACE阻害剤の時代ですね。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

製薬会社の働きやすいランキング発表!

みなさん、こんにちわ。 現役オンコロジー(抗がん剤)MRのゆってぃーよ。 2017年末に100万人が登録している転職口コミサイトのキャリアコムが医薬品業界の働きやすい会社ランキング2017年下半期版を …

この10年でMRの転職環境が明らかに変わってきてると感じる話

みなさん、こんにちは。 現在2名の転職サポートをしている、ゆってぃーよ。 最近では直接的に知り合いではなく、知り合いの友人みたいな距離感のMRの転職サポートもしているわ。 私自身も実際に転職エージェン …

薬価改定から存続が危ぶまれる製薬会社を炙り出す。毎年やるよ薬価改定の話。

みなさん、こんにちは。 現役オンコロジーMRのゆってぃーよ。 薬価改定の改定率が公開されましたね。 薬価改定・各社別影響率 中外と帝人で9%台 再算定や新薬加算相当額の返還影響大きく(ミクスOnLIn …

20年度版MR白書 直近2年でMR5,000人超減少。2030年のMR数を予測する話。

みなさん、こんにちは。 現役オンコロジーMRのゆってぃーよ。 毎年夏(8月9月)頃にMR認定センターから発表されるMR白書。 20年度版のMR白書がやっと発表されたらしい。 各業界誌に書かれているけど …

製薬会社のデジタル進化に対応出来ないMRは今後置いていかれると思う話

みなさん、こんにちは。 現役オンコロジーMRのゆってぃーよ。 最近の日々の業務において、しょーもないWeb会議が多くなっている。 このWeb会議の接続に四苦八苦していた、おっちゃんMRを見て思う事があ …

MRの実際に迫る記事を公開していきます。
現役お姉系MRのブログよ。
MRの転職、生活、副業、実際の仕事内容等について赤裸々に公開していきます。

氏名:ゆうま
職業:大手製薬会社でオンコロジーMR
年齢:アラフォー
家族:妻・坊主
趣味:副業 子供に遊んでもらう

Site Protection is enabled by using WP Site Protector from Exattosoft.com