ノバルティスのお話 製薬会社事件簿

ノバルティス関係会社のサンドMRが残薬を集めて転売していた事件を考える

投稿日:

みなさん、こんにちは。

現役オンコロジーMRのゆってぃーよ。

また製薬会社がやらかしましたね。

今までも多くの悪い事はありましたが、今回は品質が全く保証できない薬剤を実際に患者に投与していたという極悪非道な行為。

もちろん実行したMRが悪いって話なんだけど医療機関も製薬会社も同類だと感じてしまった。

今日はこのことについて書いていきますね。




MRがバイアルに残った残薬を医療機関から回収して、違う瓶に詰め直して転売する事件

サンドという製薬会社のMRが実行した悪行。

サンドはノバルティスの後発品医薬品部門という位置付けになっており、ノバルティスの関係会社とHPにしつこいくらい書かれている。

ヒト成長ホルモン剤の使用済み瓶を医療機関から回収してきて、自宅で瓶の中に残った残薬をかき集めて新たな瓶に詰め替えて医療機関に転売していた事件。

2016年頃から2020年まで繰り返していたらしい。

こんな悪い事をよく実行したと思う。

犯罪者の心理が分からないが、この犯罪でどんなメリットが得られたのだろうか?

金だけが目的で実行したなら強盗致傷と変わらない行為だと思う。

4月に内部告発があり会社は、この事件を認識したが半年経過した現在でも「調査中」として公にしていない。

残った残薬を不衛生な個人の自宅で詰め替えて、それを実際に患者に投与していた事は患者の健康被害を第一に考えなければならないが今回も患者を置き去りに半年経っても調査中との回答。

もちろん愚の骨頂はMRなんだけど、残薬が入った瓶をMRに渡したり、自宅で詰め替えた薬を購入した医療機関も共犯者だと思う。

そしてサンドの関係者が親会社のノバルティスに報告した際のノバの回答は「バレたら会社の評判が悪くなるから警察に届けるのは反対」と言ったらしい。

この事件の被害者である患者さんはどこに行ってしまったのか?

MRは個人の口座に薬剤代を振り込んで金を手に入れていた。

医療機関はMRが詰め替えた残薬集結瓶を安価に購入して利益を確保していた。

製薬会社は評判悪くなるから警察への報告を反対していた。

サンドMRの残薬転売事件は最近の事件の中では類を見ない程、劣悪な犯罪だと思う。

今年に入ってからも製薬会社が絡む悪質な事件は起きていますよ。

3月には鳥居薬品が日本ケミファを共謀してカルテルで価格を操作して患者から金をむしり取る事と同じ行為をしていた。

鳥居薬品の価格カルテル事件を見て貧困国における犯罪率の高さとオーバラップして見えた話

最近だと三重大の麻酔科医が小野薬品の薬剤の実際は破棄していたのに保険申請をして診療報酬を騙していた事件。

これに関しては小野薬品として事件の関与は現在確認出来ていない。

三重大学が小野薬品の薬で診療報酬不正請求。MRの関与は?寄付金目的?医者と製薬会社の闇

鳥居薬品は患者を無視して利益を追求した。

三重大学は患者を無視して業績を追求した。

両方とも悪質だし患者視点が全くないが、唯一言える事は患者の健康被害リスクはない事件。

しかし今回のサンドMRの事件は違う。

MRと医療機関が利益を得ていた事以上に、患者への健康被害が起こりうる事件。

残り物をかき集めて、不衛生な自宅という環境で瓶に詰め替える。

その怪しい薬剤を数年間、患者に投与していたという卑劣極まりない事件。




やっぱり製薬会社の本質は何にも変わっていないと悲しい気持ちになる。

もちろん今回の行為はMRが悪い。

しかし事件を認識した時のノバルティスの対応は悪質だと思う。

「バレたら会社の評判が悪くなるから警察に届けるのはイヤだ。」

ちなみにノバルティスのHPを確認すると、このようなミッションを掲げている。

「より充実した、すこやかな毎日のために、新しい発想で医療に貢献する」

このミッションを持っているのに、患者の健康被害リスクがある状況で警察に届ける事を拒む心理。

残念だけど、会社が掲げているミッションは表面上の装飾に過ぎず、本質は企業の利益なんだと思う。

一体、ディオバン事件で何を学んだのか?

ディオバン事件もきっと反省などはしておらず「運が悪かった」程度にしか思っていないんだと感じてしまう。

ノバルティス関係会社のサンドMRが残薬を集めて転売していた事件を考えるのまとめ

また製薬会社の事件。

しかも今回の犯罪はかなり悪質だと思う。

瓶に残った薬をかき集めて転売する行為。

ゴミ箱をあさって、缶に残ったジュースを集めて1本の怪しい缶ジュースを作る行為みたいなもんでしょう。

MRは医療機関から金を受け取っていた。

医療機関はMRから安価に怪しい薬を仕入れて利益を上げていた。

製薬会社は事実を認識しても評判が落ちる事を懸念して警察への報告を拒んだ。

今回の事件は1人のMR、1社の対応、限られた医療機関の話。

しかし、こんな大手製薬会社がこんな悪い事をしていると、全てのMR、全ての製薬会社が患者視点などは一切持たず、個々の利益のみで行動していると思われてしまう。

とても残念な話だ。




-ノバルティスのお話, 製薬会社事件簿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ディオバン事件を考えちゃう

みなさんこんにちは。 現役オンコロジー(抗がん剤)専門MRのゆってぃーよ。 過去の製薬会社の不祥事を振り返ってみようと思うの。 ノバルティスファーマのディオバン事件って覚えている? かなり大々的に報道 …

リストラゼネカ あっ!間違えたアストラゼネカについて考える

みなさんこんにちは。 現役オンコロジー(抗がん剤)専門MRのゆってぃーよ。 今日は最近メディアを賑わせているアストラゼネカのリストラ訴訟について考えていくわね。 アストラゼネカとは アストラゼネカは、 …

武田のCASE-J事件(ゴールデンクロス)について考える

みなさんこんにちは。 現役オンコロジー(抗がん剤)専門MRのゆってぃーよ。 MRをやっている人だったら武田薬品のCASE-J試験の事件はご存知よね。 今日はこの試験について考えていくわね。 CASE- …

ARB戦争を振り返る

みなさんこんにちは。 現役オンコロジー(抗がん剤)専門MRのゆってぃーよ。 この戦争を知っている? ARB(Angiotensin II Receptor Blocker)とはアンジオテンシンII受容 …

医薬品卸4社の談合疑惑などの会社の不祥事がある度に各社の企業理念を見てしまう話

みなさん、こんにちは。 現役オンコロジーMRのゆってぃーよ。 先日、大きく報道されましたね。 医薬品の4大卸(メディセオ、アルフレッサ、スズケン、東邦薬品)の談合疑惑。 医薬卸、一括受注悪用か 談合疑 …

MRの実際に迫る記事を公開していきます。
現役お姉系MRのブログよ。
MRの転職、生活、副業、実際の仕事内容等について赤裸々に公開していきます。

氏名:ゆうま
職業:大手製薬会社でオンコロジーMR
年齢:アラフォー
家族:妻・坊主
趣味:副業 子供に遊んでもらう

Site Protection is enabled by using WP Site Protector from Exattosoft.com