MRのリストラ アストラゼネカのお話

18年5月アストラゼネカのリストラ裁判が和解終了。これでMRは安心して働けるか??

投稿日:2018年6月4日 更新日:

みなさん、こんんちわ。

現役オンコロジーMRのゆってぃーよ。

私のブログで継続的に多くの閲覧数を稼ぎだすこちらの記事。

リストラゼネカ あっ!間違えたアストラゼネカについて考える

アストラゼネカがリストラゼネカを失敗した件(裁判敗訴)

アストラゼネカのリストラ裁判は会社から和解提案がされた話

今日はこの一連の裁判が全て終了したので、それについて書いていくわね。


アストラゼネカの労使裁判は組合側の完全勝訴で和解終了

アストラゼネカが経営陣とMR(組合)との間で争われていた裁判は3つよ。

①ベテランMRが不当解雇事件(東京地裁でMR側が勝訴、18年2月の東京高裁での控訴審で和解勧告)

②ベテランMR3人が“追い出し部屋”に配置転換、不当に降格・減給事件

③現役MR8人が不当な降格・減給を受けたとして集団提訴事件
これらの裁判が全て組合側の完全勝訴という形で和解終了したのよ。
会社が組合側に和解金の支払いと該当MRの納得する補償で組合側の勝利解決とのことよ。

良かったけど、少し腑に落ちないのは私だけかしら?
和解の条件として「守秘義務」が発生しているのよ。
だから、どのような形で終了したのかの詳細は闇もまま。
全ての訴訟を最高裁まで争っていたら、時間もお金も果てしなく掛かってしまうから仕方ないけど、なんかスッキリしないわね。


今後はパワハラまがいのリストラは無くなるか?

あからさまな手法ではなくなると思うけど、なくならない。

今後も、会社が評価しないMRは退職の道に進んで行ってもらう方針は変わらないわ。

今回の訴訟事案を実施した経営陣は、そのまま会社経営を継続しているでしょ。
今回の裁判はあくまでも「和解」であって会社側が完全に敗訴したわけではない。
分かりやすく言えば「いじめっ子が弱いものイジメをしたけど、100円あげて許してもらった」だけで謝罪もなにもしていないのよ。

そのいじめっ子は会社に残ってままだし、自分に非がある事を認めたわけでは無いわ。
ただ、追い出し部屋配置や突然の降格、解雇というやり方ではなくて今後はもっと緻密にやってくると思うわ。

辞めさせたい社員をロックオンして
全ての履歴、駐車場の時間、高速道路の時間、勤怠、日報の時間に差異が無いか?
感情を排除して徹底的にロジックって出口のない追求をする。

例えば、なぜ売上が上がらないのか?何をしたら上がると思うか?なぜその仮説を立案したか?やってみてどうだったか?修正点は何か?なぜそのリスクを初めに考えつかなかったのか?他にやるべきことはないのか?いつまでに実施するか?いつまでに実績をあげるか?なぜその期日を設定したのか?その取り組みで競合MRに勝てると思うのか?その取り組みは過去なぜやらなかったのか?なぜ、なぜ、なぜ

ってな感じで出口のない追求を感情を排除して淡々と詰めてくるわよ。
そんな事をされたら、どんなに鋼のハートを持っているMRも絶対に崩壊するわよね。

業界全体がMR削除に舵を切っている現状を考えるとアストラゼネカに限った事ではない

アストラゼネカの今回の労使裁判は会社の強引なやり方が際立っていたから、どうにか和解にこぎつけたけど、今後は緻密なやり方でMRを退職に持っていく企業が確実に増えてくると思うわ。

オンコロジーMRだから安心なんて事は絶対にない。

評価って上司(人間)がするんだから、必ず感情が入ってくるわ。

私が過去、PIPなどで退職に追い込まれて行ったMRを見てもMRのスキルだけでなく、上司が「あいつムカつく」とかの理由も加味されてたケースを何度も見たわ。

今のこの製薬業界を生き抜く為には、MRの実力を付けるだけでなく、予測不能な将来に対して、転職などの選択肢も常に持って行動する事が重要よね。


まとめ

アストラゼネカの労使裁判は組合側の納得する形で和解終了を迎える事が出来たわよ。

該当のMRさん達は本当に良かったと思う。

でもね、これで安心して働き続けられるなんて思ったら大間違いよ。
会社は今後は緻密なやり方で退職を迫ってくる事は間違いない。

退職ロックオンされない事が一番良い事だけど、もしロックオンされたら今後は確実にヤられるわよ。

そのようにならない為にも、MRの専門性を高めたり、最新の転職情報を収集しておく必要があると思うわ。
私は30代半ばで何度も転職を繰り返しているけど、1年に1回は職務経歴書を更新して毎月、転職求人情報はエージェントから入手しているわよ。

DODAエージェントサービスで転職↓ クリック

転職サイトDODAで求人探し

転職エージェントのパソナキャリア↓ クリック

パソナキャリア

選ばれた人だけの会員制転職サイト BIZREACH↓ クリック

BIZREACH

外資系企業への転職はJAC Recruitment

JAC Recruitment

-MRのリストラ, アストラゼネカのお話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ジャパンワクチンは解散してMRは出向元の第一三共とGSKに帰る話

みなさん、こんにちは。 現役オンコロジーMRのゆってぃーよ。 また製薬会社の不景気な記事を書いていきます。 ジャパンワクチンが解散だって。 早期退職などのリストラは10年前でもあったけど、会社が消滅す …

2019年版MR白書発表!MR減少が止まらない。今後は加速度的にMRが削減される話

みなさん、こんにちは。 現役オンコロジーMRのゆってぃーよ。 公益社団法人MR認定センターから毎年発表されるMR白書の2019年版は発表されたわよね。 驚く内容は何一つ無かったけど、具体的な数値が出て …

PIPで退職した先輩に久々に会ったら新たな製薬会社で所長に昇進していた話

みなさん、こんんちは。 現役オンコロジーMRのゆってぃーよ。 私の過去のブログで何度か紹介している制度「PIP」。 このPIP制度に入って早々に退職した先輩に久しぶりに会ったら転職先で所長になっていま …

リストラが無い製薬会社でもMRの給料改定で年収は下がる覚悟は必要だと思う話

みなさん、こんにちは。 現役オンコロジーMRのゆってぃーよ。 武田薬品とイーライリリーの早期退職は業界全体に与えるインパクトが大きいですよね。 武田薬品の「フューチャー・キャリア・プログラム」という早 …

PIP(業務改善命令)プログラム中なのに危機感がないMRの末路

みなさん、こんにちわ。 現役オンコロジーMRのゆってぃーよ。 仲良しMR(仮名:荒木君)は今年の4月からPIP(業務改善プログラム)に入ったらしいわ。 PIPについては過去にブログで数件書いているけど …

MRの実際に迫る記事を公開していきます。
現役お姉系MRのブログよ。
MRの転職、生活、副業、実際の仕事内容等について赤裸々に公開していきます。

氏名:ゆうま
職業:大手製薬会社でオンコロジーMR
年齢:アラフォー
家族:妻・坊主
趣味:副業 子供に遊んでもらう

Site Protection is enabled by using WP Site Protector from Exattosoft.com